一般財団法人かかみがはら未来文化財団

【イベント】2022.11.19/20 歌舞伎を観るということ

開催日

2022 11/19

2022 11/20

「歌舞伎」の魅力を新解釈。各務の舞台「村国座」でクリエイターによるトークイベントを開催!


 11月19日(土)・20日(日)の2日間、文化を「はぐくむ」事業の一環として、各務原市が持つ、歌舞伎舞台・国指定重要有形民俗文化財「村国座」を会場に、新しい「歌舞伎」の見方や楽しみ方をお届けします。

 ゲストは、クリエイターとして幅広い分野で活動する「いとう せいこう」・「町田 康」。2人の古典芸能への独自の審美眼や、「ラップ」と「パンク」という音楽経験を踏まえながら、新しい古典の解釈、歌舞伎の魅力に迫っていきます。


■11.19(STA)/ いとう せいこう

 
 1日目はクリエイターのいとうせいこうさん。1988年に小説家としてでデビュー後、多くの作品を出版。また、音楽では、日本語ラップの先駆者として、ヒップホップカルチャーを広める活動をされています。
 活字、音楽、テレビ、舞台、ラジオWEB、様々な媒体を通し、日々カルチャーを発信し続けています。

■11.20(SUN)/ 町田 康

 
 2日目は、芥川賞を獲得するなど小説家の一面もあれば、ミュージシャンとしても活動している町田 康さん。
 小説家として、活動当初よりリズムのある独自の文体、語法、話法を確立。また、バンド「INU」のボーカリストとしての活動から、ロックな作風に魅力を感じるファンも多いのでは?


■ファシリテーター / 小林 昌廣

 また、2日間のファシリテーターとして情報科学芸術大学院大学[IAMAS]の小林昌廣教授に参加いただきます。
 古典や表象文化論の研究を行っている小林教授から、ゲストの2人へ芸能観・人間観・身体観を炙り出していただきます。
 


 そもそも「歌舞伎」を観たことがないという方や、どうやって観たらおもしろいのかわからないと感じている方も多いのではないでしょうか?今回のトークイベントを通し、日本の伝統芸能のひとつである「歌舞伎」を、少しでも身近に感じてもらえると幸いです。


■詳細

日付
2022年11月19日(土)・20日(日)
時間
開場/ 13時30分 開演 / 14時
会場
国指定重要有形民俗文化財「村国座」(各務原市各務おがせ町3-46-1 村国神社境内)
出演者
いとうせいこう(19日)/町田康(20日)/小林昌廣(情報科学芸術大学院大学[IAMAS]教授)(両日)

〇チケット情報
入場料
1日券各3,000円 2日通し券5,000円(全席自由)
※未就学児入場不可 ※椅子席
定員
各約100名
販売日
9月20日(火)10時~
購入情報
①かかみがはら未来文化財団(各務原市産業文化センター5階)
各務原市那加桜町2-186 ※8:30~17:00土日祝休み
②Peatixオンライン購入(申込はこちらから※9月20日10時申込スタート)
※詳細は、Peatixイベントページをご覧ください。
※Peatixオンライン購入をご利用される方はアカウント作成が必要です。
注意事項
・個人情報は、本事業のみに使用し、他の目的のために無断で使用することはありません。
・会場に冷暖房設備はありません。
・会場内は土足厳禁です。(必要な方はスリッパをご用意ください。)

○お問い合わせ
一般財団法人かかみがはら未来文化財団
TEL:058-372-7231

主催:一般財団法人かかみがはら未来文化財団
共催:各務原市
後援:各務原市教育委員会

■アクセス

村国座
場所
各務原市各務おがせ町3-46-1 
駐車場
無料 / 国道21号「山の前町」または「おがせ町」交差点を北へ約10分
電車
名鉄苧ヶ瀬駅から徒歩約30分